販促プロモーションや広告、ウェブ・メディアまで
横浜で25年のデザインプロデューススタジオ X DESIGN
当サイト閲覧前に<<プライバシーポリシー/ご利用規約>>をご確認下さい。

  HOME > グラフィック > 店名からロゴマークまで

リゾート感とカジュアル感の両面を持たせて

ハワイアン カフェ&レストラン <シンボル及びロゴマーク>

オーナーがお店を始めるにあたり、すでに店名はモンステラ(熱帯アメリカに分布する植物)と決めていました。この場合、ロゴとマークを別々にしてしまうと、せっかくのイメージとインパクトが弱くなってしまうので、一体となった形で考えて行くことにしました。
店名のロゴは、オーナーがハワイで好きなお店の店名の書体に近いものを、サークルの中に収まりのいい形に描き、カフェとはっきりと分かるように"CAFE"を加えさせて頂き、全体のバランスも取りました。ハワイアンとカフェを並べずに、あえてポップに仕上げるために、内側のサークル内にハワイを入れました。
モンステラのリーフは、ナチュラルなテイストになるようにシンメトリーを避け、何枚も描きおこし、最終的にある程度の"抜け"があるものを使用しました。



※クリックで拡大します。

本店移転の際にこだわりのロゴをデジタル化

ジャパニーズスパゲティ <シンボル及びロゴマーク>

オーナーシェフが湘南藤沢で始めたお店。当スタジオではその藤沢店の名刺や案内などを作らせて頂いてました。
新しく横浜元町を出店(本店移転)する際に、今までは手描きだったお店のロゴを、今までのイメージは変えずに、よりブラッシュアップしながらデザインし直し、デジタルデータ化しました。特に、色合いにこだわりのあるオーナー様の要望に合わせ、ビビットな中間色でまとめました。
デジタルデータ化により、今まで特色でしか印刷出来なかったものも、CMYK指定での印刷が可能になったり、様々なものへ添付、貼り込み、出力が可能になるのでプロモーション的にも、デジタル化は有効な手段になります。



※クリックで拡大します。

六本木の夜を彩る無彩色なバーラウンジ

会員制ダイニングバー ラウンジ <シンボル及びロゴマーク>

様々な人が行き交う六本木交差点のすぐ裏に位置する会員制ダイニングバーラウンジ。店内は個室やパーティションで仕切られ、オリジナルのハイバックな黒革張ソファと、デザインされたライティングのみ。
オーナーは、このラウンジに来店される方々に合った、上質なスタンダードをコンセプトに運営していくとの事で、店名もそんな姿勢をこめてご提案。仕事を忘れ、自然で居られる空間という思いを込めてフラットに決定。9は10点満点では無いけれど、9点のサービスはしたいというオーナーの気持ちから。
店内の空間の基調色と、うっすらと映るカクテルグラスをポイントに、フラットさが出るように、書体はステンシルを使いラフなデザインとした。



※クリックで拡大します。

地域密着型の店舗らしさを店名にも集約

事務家具からエコ製品を扱う物販店 <シンボル及びロゴマーク>

店名のご提案の際に、地域密着型を感じて、尚かつ、エコ感を感じる店名にしたいというご要望が有り、様々なパターンをご提案した中から、最終的には、ストレートに伝わるこの店名となりました。またエコのキーワードとなる大切なポイントに、エコであってもリスクは少なくというのがあります。あまり不便であっては違った無駄が発生し、本末転倒です。ですので、エコにする事で、より繁栄(=よい環境)するという思いを込めてまとめました。
結果的に店舗の出店が、横浜市栄区となり、店名にもピッタリ合いました。横浜から発信する、新しいエコ情報から、基調色を横浜らしい青とし、閃きの黄色、ポイントに赤を使用し、オリジナルゴシックでデザインしました。



※クリックで拡大します。

リズム感のあるお店のシンボルマークを

お店の雰囲気を文字に添加しデザイン <シンボル及びロゴマーク>

お客様には"最適な温度で料理を提供"し、ファミリーでもくつろげるお店というオーナーのこだわりから、店名候補はいくつかありましたが、最終的にSPOONでも気軽に食べらるお店で行こうとなりました。
デザイン的に楽しくというご要望もあり、ロゴを縦使いにした時に、Pの文字をスプーンに見立てて、料理の湯気のS、お皿のイメージのOOと、机のN、という風に、活気あるお店の様子をロゴデザインとし、描き起こしました。
また、オーナーの好きなオレンジを基調色に、江ノ電の線路沿いというお店の立地から、江ノ電の電車やイタリアンのイメージのグリーンを活かし、窓に特徴のあるお店なのでロゴマーク内にも窓を入れ仕上げました。



※クリックで拡大します。

手描きのタッチを活かして、よりストレートにイメージを訴求

お店のこだわりを視覚的にアピールする手描きの効用 <シンボル及びロゴマーク>

(左)書家の先生に書いて頂いた店名をスキャンし、寄せる波のイメージを背景に落とし込んだ。
(中)六本木のバーを併設したネイルサロン。アンスリウムの茎のラインを活かしロゴに織り込んだ。
(右)みなとみらいのジェラートの人気店。フィレンツェの石畳風にフォントも鉛筆画で粗く描きおこしデザイン。

※クリックで拡大します。